【実際の評判は!?】やずやの豆乳青汁を飲んでみた効果と口コミ!

HOME > 【口コミ&効果】青汁を実際に飲んだ管理人の感想一覧! > 【実際の評判は!?】やずやの豆乳青汁を飲んでみた効果と口コミ!

【やずやの豆乳青汁】口コミ&効果を徹底レビュー

やずやの豆乳青汁(株式会社やずや)

1日1本で不足しがちなビタミンやミネラルを補える!

やずやはテレビCMでもご存知の方は多いのではないでしょうか?やずやの豆乳青汁1本で栄養素を補える効果があると言われてますが、本当にお勧めしていいものか・・・?管理人が実際に購入し飲み「飲みやすさ」「健康にいいのか」「価格や料金は適正か」「おいしいor不味い」などを口コミ&効果をレビューしました。

豆乳青汁の口コミ体験談!

やずやという会社を知らない人はあまりいないのではないでしょうか?

TVCMでの商品紹介をたまに見かけますが、青汁を販売しているのは初めて知りました。

今回は、何種類かあるうちの豆乳青汁と養生青汁を購入しました。

まずはこちらの豆乳青汁から飲んでみます!

事前に調べた口コミによると「青汁が嫌いでも飲める」「抹茶オレのよう」と、かなりの飲みやすさ?嘘か真か…さっそくレビューに取り掛かりたいと思います^-^

◎6.6g×31 6300円(税抜き)
送料無料(買い上げ金額5000円以上から)
定期コースの場合は同内容で5670円(税抜き)

【 豆乳青汁を注文! 】

なんと注文の翌日着です。2~3日は掛かるだろうと思っていましたが想像を凌駕する早さ!

大き目の段ボールです。側面すべてに福岡の伝統工芸や文化について書いてあり面白味満点。

内容物
・豆乳青汁
養生青汁
・増量プレゼント
・納品書
・シェイカー
・冊子数点

二種類同時に頼んだので同梱で届いたようです!

後ほど養生青汁のレビューもするつもりでおりますゆえ多少の内容被りはご容赦くださいm(__)m

付属のシェイカーをアップで。

可愛らしくていいですね~振るのが楽しくなりそう。

こちらが増量プレゼントです。

箱を開けた時にこういうものが目にとまるとサプライズ的な嬉しさがあります。

「やずやの豆乳青汁」のパッケージは奥に長く、個人的には縦型よりも好きです。

【 やずやの青汁を早速開封! 】


個包装の袋が横に寝て詰まっています。

粉末から見ていきましょう。

粗めの顆粒です。

というか一包6.6gって多くないですか?カロリーも24kcalと青汁の中ではお高め。

この半分くらいの製品が多いので少し驚きました。

粉末の分量に反して水の量は60mlと少な目の設定。

牛乳で割る際は120mlだそうです。
初回なので順当に60mlの水でいただきます!

う~んやっぱり水分足りてないんじゃないでしょうかこれ…大丈夫なの('◇')?

横からのアングルで。

果たして溶けるのか、不安になってきましたが…。

疑念を抱きながら混ぜていると以外にもすんなり。

透明感ゼロの、もったりとした質感です。

沈殿もダマもなく綺麗になってるから大丈夫、と飲んでみたところ…。

とろりと美味しい。大豆の豊かな風味と香りが鼻から抜け、大麦若葉が後をひく…これが「やずやの豆乳青汁」なんですね!

青汁を苦手とする人の「苦い・くさい・まずい」といった類の飲みにくさは全くありません。

実際にやずやの豆乳青汁を飲んでみた感想♪

【飲みやすさ】パッケージの通り「ほんのり甘い」飲みやすい青汁です。無調整豆乳が嫌いな人は少し気になるかもしれません。

【口当たり】…とろーりクリーミーです。粉っぽさはなし。

【匂い】…豆乳と大麦若葉のあわさった良い香りです。

【コストパフォーマンス】一杯203円。これは高い!が第一の感想ですが今後のパフォーマンスに期待してます^p^

▼【 効果・まとめ 】

◎期待できる主な栄養素・効果◎
使用素材:大分県産 六条大麦若葉、北海道産大豆 とよまさり
栄養素:カルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、βカロテン


カルシウムがとても豊富で、牛乳コップ一杯分補えます。その秘密はホタテ由来の貝カルシウム。

ホタテの貝殻から取り出されるもので、海のミネラル成分を含んでいます。

また「やずやの豆乳青汁」は素材にこだわっており、大豆と大麦若葉を粉末化する際はそれぞれの溶けやすさや相性などを考慮したとっておきの製法で作られるのです。

とよまさりという大豆は見た目が美しく甘みも香りも芳醇。その美味しさが働いて青汁特有の青臭さはなくなっています。

日常生活における食事だけでは不足しがちな栄養素もこれ一杯でばっちり!
料理のアクセントとしても使えるので飽きもこなさそうです。

素材は二種とシンプルで、あれもこれも効果がありますよというような製品ではないからこそ、まずは基本のことから見直す良い機会になると感じました。