【糖尿病だと青汁飲んではダメ!?】飲んでも大丈夫なのか?

HOME > 青汁に関する悩み一覧・まとめ > 【糖尿病だと青汁飲んではダメ!?】飲んでも大丈夫なのか?

糖尿病でも青汁を飲んで大丈夫なのか?(糖分が少し入っている為)

糖尿病を患っていると、ついつい食事の内容を気にしてしまいますよね。
もちろん、メインとなる食事だけでなく、飲み物までもチェックして、血糖値が上がらないように工夫しなければなりません。

では、糖尿病の場合、青汁は避けるべき飲み物なのでしょうか?青汁の成分には少なからず糖分が含まれているので、気になるところですので、ご紹介します。

そもそも糖尿病ってどんな病気?

img_index02.jpg
糖尿病は生活習慣病の一つで、その病名をよく耳にしますよね。
しかし、その病気がい一体どのようなものなのか、その内容についてはあまり詳しく知られていないのではないでしょうか?

まず、糖尿病とは、体内でのインスリン分泌が滞ってしまい、血糖値が高い状態がずっと継続する状態を言います。この高血糖状態が続くと、体内のいたる臓器で不具合が起こってきます。

その原因としては、主に食生活の欧米化が挙げられます。
食事の成分に糖質が多く含まれるものを食べたり、アルコール類の飲酒量が多い場合、血糖値が大幅に上昇します。

通常であれば、すい臓からインスリンが分泌されることで、この血糖値が下がる仕組みになっています。

しかし、常に糖質の多く含まれる食生活を続けていると膵臓に過度の負担がかかることになり、インスリンの分泌量が低下します。

糖尿病がひどくなってしまうと、インスリンがほとんど分泌されなくなってしまうのです。

ですから、糖尿病の患者さんは、できるかぎり糖質の少ない食生活を心がけるように指導されます。

この糖尿病の患者は全国的に、1,000万人以上いると言われています。

もちろん、糖尿病と診断されなくても、糖尿病になりつつある予備軍も多数存在しています。そのため、普段の食生活に気を付けてしっかりと運動をすることが求められるのです。

糖尿病の人は青汁を飲んでも大丈夫?

slide_8.jpg
さて、糖尿病患者さんやその予備軍の方にとっては、できる限り糖質除去食を食べたいところですよね。

だからと言って、食事からとる栄養素はきっちりと取りたいところ。普段の食生活で不足しがちな野菜や食物繊維などは青汁で補充するというのも効果があります。

ですが、少なからず青汁には糖質が含まれています。
そのため、青汁は糖尿病患者さんには避けるべき飲み物のようにも思えますよね。

しかし、通常の食事で食べる野菜などにも少しはその野菜由来の糖質が含まれています。

そのため、青汁を飲むことと野菜を食べることというのは本質的には変わりませんし、野菜から得られる栄養素を取り入れることができます。

おまけに、青汁の原料によっては体内の血糖値を下げる効果のある成分も含まれているのです。

たとえば桑の葉を原料とする青汁であれば、桑の葉に含まれる成分が糖質の吸収をゆっくりと遅らせてくれます。

まとめ

以上のように、種類を選べば、糖尿病の方も青汁を飲むことは可能です。

ただ、万が一のことを考えて、主治医にその青汁を飲んでも良いかを相談しておく方が良いでしょう。

さらに、できる事なら糖質分の抑えられている野菜そのものからできている青汁を飲むように心がけてくださいね。