【青汁で血糖値を予防し対策!?】様々な疾患を引き起こす原因!

HOME > 青汁に関する悩み一覧・まとめ > 【青汁で血糖値を予防し対策!?】様々な疾患を引き起こす原因!

青汁で血糖値を予防し対策出来る?!血糖値のアレコレ

高血糖からなる疾患として「糖尿病」が有名ですが、そこから更に発展して様々な疾患を引き起こす可能性があるという事はご存知でしょうか?
今回は、そんな万病のモトともいえる高血糖を青汁で予防対策する方法と、知っておきたい血糖値のアレコレについてご紹介したいと思います!

血糖値が高いとどうしていけない?血糖値ってそもそも何?

1-2.jpg
様々なメディアでも、長い間に渡り言われ続け、その話題はいつまでも絶える事がないのが「高血糖の危険性」についてです。

高血糖や血糖値、そしてそこから派生しての糖尿病についてなどはよく目や耳にする事も多いと思います。

ですが、ただ危険だから血糖値が高くならないように注意しましょうといわれてもなぜそうしなくてはならないのかという疑問が残りますよね?

というわけで今回はまず、血糖値についてのお話しをさせて頂きます。

まず、血糖値というのは、血液中に含まれているブドウ糖の量を計測した値の事をいいます。

つまり、
「血糖値が高い」=「血液中の(ブドウ)糖の量が多い・多すぎる・正常値を超えている」という事になります。

そして、そこから更に
「血糖値が常時高い状態」=「糖尿病」という診断が行われるわけです。

という事で、「血糖値が正常値から外れ、常時高い状態にある」というのは病気と判断し、その状態である「糖尿病」にかかった後は、連鎖して「脳梗塞」「腎臓などへの障害」「視力の低下(最悪の場合、失明)」「神経系の異常」、更には「高血圧」「体重の増加」「血液の代謝の悪化」などが引き起るようになります。

つまり「どうして高血糖がいけないのか?」については「高血糖が引き金になり、様々な疾患を起こしやすくなる為”危険”」というわけです。

さて、以上が「高血糖が危険」といわれている理由と「血糖値」というものについての簡単な説明となりますが、次の項目では「血糖値が上がる原因」についてみてみましょう。

~高血糖になる原因って?~

1-3.jpg
実は高血糖や糖尿病自体は誰でもかかりえる疾患なのです。

というのも高血糖状態は、年齢と共になってしまうものではなく、食生活次第でどの年代の方でもなってしまえるのです。

では、その高血糖の原因となるものは何かというと「血糖値を上げやすい食事」です。

この「血糖値を上げやすい食事」の例をいくつか挙げてみると

・普段から穀類や穀類を原料とする麺類やイモ類(サツマイモ、ジャガイモなど)や白米
、パンなどの炭水化物を多く摂取している。または、量は多くないがこれら以外に野菜を摂取していない。

・普段から肉類、魚介類、卵、大豆食品などのたんぱく質のみ、あるいはそれに炭水化物を加えて摂取しているが野菜を摂取していない。

・炭水化物、炭水化物、脂質に合わせて野菜も摂っているが、食べる時は一度にたくさん食べる。

・普段からお酒が好きで、お酒を飲む量や頻度が多い。

このようになっています。

こういった食事傾向で毎日をお過ごしになっている方はご自身が今「元気だと感じていても」すでに高血糖に陥っている可能性があります。

また、注意して頂きたいのは「糖尿病は”初期症状の段階”では”自覚しにくい”」という事です。
そしてそれだけでなく「健康診断でも”初期段階では発見できない場合もある”」という事もぜひ覚えておいていただければと思います。

前者においては、例えば症状がまったくでない方もいる他、「食後に急激な眠気がある」「目がかすむ」「なんだか年のせいか疲れやすくなった」「喉がよく渇く」「尿が近くなった」といったものが実は糖尿病の初期症状である為、「ただの疲れだ・年齢のせいだ」と思い込みやすいのです。

よって「初期段階で自覚できない」事も少なくないようです。

また後者では、一般的な健康診断で行われる血糖値測定は主に「空腹時」に行われます。
これは、健康診断では血糖値以外に他の内臓の検査を一緒に行う事が関係している為ですが、実は「糖尿病」の初期で血糖値に異常が出やすいのは「食後」です。

その為、食前(空腹時)には血糖値の異常が見られない場合が多く、健康診断で血糖値の異常が判明した時点では、すでに「糖尿病が進行していた」という場合も少なくはありません。

その為、「高血糖」や「糖尿病」に必要なのは「早期発見」と「予防と日頃の対策」なのです。

では、次の項目では、「高血糖や糖尿病への予防・対策」についてみていきましょう。

~「高血糖」「糖尿病」への予防・対策~

1-4.jpg
まず、「今すぐ自分の血糖値の状態が知りたい!」という方もいらっしゃると思いますので、どのような検査を行えば「糖尿病の早期発見」に繋がるかをご紹介いたします。

●糖尿病の早期発見には?

まずは、健康診断で異常が出ていない方でも「食後の血糖値」に着目した検査を行いましょう。
食後の血糖値の変化を見る事が何よりもの早期発見の鍵です。

またそれ以外にも、血液検査が有効とされています。

血液検査では、専門医や可能であれば健康診断の際に「食後約一時間後の血液」で検査を行ってもらう事で、疾患の発見に繋がる場合があります。

そして、何より大切なのは「目的を示す」という事です。
ただ理由もなしに専門医に血液検査を依頼するのではなく、「糖尿病になっていないかを調べたい」といったようにしっかりとご自身の意志を明確化して検査を依頼しましょう。

こうする事で専門医も、「糖尿病の為の検査」として検査方法や最善な状態を絞り込むことができます。

どのような疾患であっても、検査や治療で最善のものを見つけ出すために必要なのは「医師や担当者との潤滑なコミュニケーション」です。

焦らず、リラックスして、医師とのコミュニケーションの中でご自身の状態と今後の方針を見出していきましょう。

では次に、日頃から行える予防・対策についてです。

●今日から始められる「糖尿病・高血糖の予防・対策」

「糖尿病」や「高血糖」の為に行う対策・予防としては、まずは高くなってしまった血糖値を「下げる」「正常値に戻す」必要があります。

これは調べてみてもわかるのですが、「健康の為に」と言われれば誰でも思いつくような事です。
いかにそれらをならべて見ると

・栄養バランスの整った、規則正しい食事
・ストレスの少ない生活
・規則正しく十分な睡眠サイクルと適度な運動

となっています。

ですが、こちらは現代社会では誰もが当たり前にできる事ではなくなっています。
その理由は人それぞれですが、すべてをこれから毎日というのはやはり難しいものです。

そこでオススメしたいのが「食物繊維の摂取」です。

もちろん、上記の生活面の見直しがすべて行える方にも併せて行っていただくことで、より健康的な生活と身体づくりになっていく為同様にオススメです。

では、次の項目でこの予防・対策に関連し、手軽に始められる「食物繊維の摂取」についてをご紹介いたします。

~「食物繊維」で「高血糖」「糖尿病」青汁で対策!~

1-5.jpg
「食物繊維」といえば、特に女性ならば一度は気にかけたことのある成分ではないでしょうか。

こちらはダイエットやお通じ、あるいはお肌のケアの為にも広く活躍している成分ですね。

ですが、今回は「血糖値」のケアにも大活躍してくれる成分としてご紹介いたします。

まず、空腹時に低くなっていた血糖値が食事によって上がる(食事によって血糖値を上げ「元の血糖値に戻す」)、という血糖値の変動はどなたの身体でも必ず起きている事ですから、これだけならば問題はないという事をまず前提にします。

では食事によってあがる血糖値のどのような状態がよくないのかというと、血糖値の上昇率が大きすぎるのはもちろんですが、もう一つ「急激な上昇」が問題になるのです。

高血糖・低血糖または糖尿病というのはすべて「血糖値の変動が正常に行われていない」という状態なのです。

そして、これに対して「食物繊維」がどのような役に立つかというと、「食物繊維を摂取すると、血糖値の上昇が緩やかになる」のです。

つまり「食物繊維」を摂取する事で、血糖値の上がり過ぎ、急上昇を防ぐことができ、それによって「糖尿病」への予防・対策にもつながるというわけです。

もちろん、食物繊維をとっているからといって普段の食事を暴飲暴食、栄養バランスを大きく偏らせてももないがないという事ではありませんが、「食物繊維」を摂る事で大きく予防へつながるというのはお分かりいただけると思います。

とはいえ「食物繊維」というのはキャベツに含まれているからキャベツを大量に食せばいいのかといえば、それではまた栄養バランスが偏ってしまいます。

そこでいいとされている方法が健康補助食品などによるサポートです。

「食物繊維」や高血糖対策のためなどに様々なサプリメントも発売されていますが、「食物繊維」に加え、ビタミン・ミネラルなどをより効率的に摂取するのにオススメされているのが青汁です。

青汁自体は「健康の為に」と皆さまもよく目にした事があると思いますが、古くからオススメされているのにはやはり理由があるのです。

青汁が良いとされるのは「水溶性が高い」点がひとつとして挙げられます。
水溶性が高いという事は、身体の中で吸収されやすく、サプリメントでも水溶性の高さは注目されています。

そんな「青汁」の中で今回オススメしたいがのが、
高血糖対策に着目し、水溶性の高い食物繊維である「難消化性デキストリン」という成分を配合した青汁「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化デキストリン>」です。

こちらは、ビタミン・ミネラルをしっかりと摂取できるほか、上記の「水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」」による力強いサポートで高血糖の対策が行え、更に飲みやすいというポイントがあります。

その他、製造メーカーは「大正製薬」ですので、信頼度も高く安心感があるのにコストパフォーマンスが良いというのも大きなポイントです。

青汁の利点としては、サッと水に溶け、食前に簡単に摂取でき、かつ野菜を個別で採るよりも効率よく野菜から摂取できる栄養素が摂取できるなどがあります。

もしも毎日忙しくしていらっしゃる方や、今すぐに効率の良い対策を始めたいという方は、一度こちらの「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化デキストリン>」をお試しになってみてはいかがでしょうか。


それでは、以上「高血糖から万病に!?知ってトクする血糖値のアレコレ」についてでした。
当記事が皆さまのご健康の糧となれましたら幸いです。